コンテンツへ移動

翌27日の新聞報道採録

株主総会の翌日27日(金)の朝刊各紙の記事

【朝日新聞 (社会面) 20140627 】

a20140627-2

「原発の責任 会社にある」

「再稼働 賛成したいが・・・」

26日、名古屋市内で開かれた中部電力の株主総会には、1292人の株主が出席した。浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の安全対策は、再稼働はーー。株主たちに考えを聞いた。▼3面参照
 

中電株主 思い色々

 株主総会には、深刻な原発事故に備えた自治体の避難計画づくりや防災対策に中部電が全責任を負う、とする株主提案が出された。
 否決されたが、責任を負うべきは国か自治体か、中部電なのか。浜岡原発周辺の避難者は最悪96万人にも及び、静岡県による計画づくりは難航している。
 「危険な原発をつくったのだから、やれることはやるべきだ」。愛知県豊田市の無職男性(67)は避難計画づくりなども中部電の責任とした。元中部電社員という名古屋市天白区の男性(80)も、「事業としてやっている以上は会社に責任がある」と話した。
 国が最終責任を負うべきだという声も多かった。
「国策として原発を進めてきたから」「電力会社には責任を負い切れない」などがその理由だ。
 名古屋市緑区の無職、浅野善三さん(71)は「原発そのものの安全対策は中部電の責任」。一方、避難計画などは国が中心になるべきだという。「国、自治体、周辺住民と電力会社が情報を共有する仕組みが必要だ」と指摘する。
 名古屋市名東区の女性(77)は「中部電と国が責任を負うべきだ」としたうえで、「地元の人からしたら、どんな防災対策や避難計画ができても不十分でしょうね」と話した。
 中部電は、地震時の津波を防ぐ浜岡原発の壁の高さを22mにかさ上げするなどし、再稼働を目指している。その是非も聞いた。
「株主の目からみれば賛成」名古屋市中村区、会社員、岡田富雄さん(62)。再稼働なしでは中部電の業績が上向かない、と考えるからだ。
名古屋市北区の無職、林栄四郎さん(78)は「株主としては賛成したい。でも、原発の安全性が担保されない以上、反対といわざるをえない」と話す。
 岐阜県各務原市の無職、石川一矢さん(65)は「原発は危険なもの。存在そのものに反対だ」と言い切る。

値上げに不満も

 今年5月、中部電は家庭向けの電気料金を平均3・77%値上げした。
 名古屋市北区の無職女性(74)は「値上げは困るけど、原発を停止して赤字なら、多少は我慢できる」と話す。ただ、中部電の説明は足りないと感じている。「もうちょっと、経営努力がみえてこないと」
 津市のアルバイト、荒木健次さん(71)は「値上げに納得していない。原発に固執せず太陽光などの自然エネルギーをもっと導入すれば、電気料金も安くなるのでないか」と疑問を呈した。

浜岡再稼働に意欲

改めて水野社長

中部電力の水野明久社長は、26日の株主総会終了後の記者会見で
停止中の浜岡原子力発電所について「安全性向上の工事を進め
ており、しっかりやっていく。原子力規制委員会に安全性を確認いた
だけるよう努力したい」などと話し、再稼働に改めて意欲を示した。
 水野社長は浜岡原発の安全対策について、「ハード面、ソフト面の
両輪で防災体制を整えるのが大事だ」と強調,地元向けには「私ど
もの対策をいま一度丁寧に説明することに尽きる」などと述べた。
 株主総会では、脱原発などを求める株主提案の7議案が全て否決
された。再稼働を目指す中部電の姿勢に異論も相次いだが√記者会
見した三田敏雄会長は「浜岡原発に関する質問には、丁寧にお答え
できたのではないか」と話した。
中部電は4号機に続き、3号機も年度内に再稼働に向けた安全審査
の申請をする方針

 

注意;上記の株主へのインタビューの表の中で田中良明さんのコメントは、
ご本人の意図とは正反対のコメントとして掲載されてしまいました。
ご本人の正確なコメントは以下のとおり。
「避難計画には住民にたいする指示や命令が含まれるので形式的には国や自治体が扱うことになるが、実質的には原因者である電力会社に全責任がある」
 すぐに記者に抗議したところ、誤報と認めて謝罪したとのことです。

 

【毎日新聞 20140627】

m20140627-1

(前略)

中電と一部株主 平行線 「浜岡廃止」など7議案否決

 中部電力が26日に開いた株主総会は、安全対策を実施した上での浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の再稼働が必要とする会社側と、「脱原発」を求める一部株主の主張はかみ合わなかった。「浜岡原発廃止」などの一部の株主から提案された計7議案は全て否決された。
 総会では、会社側が2014年3月期決算で3年連続の赤字となり、創業以来初めて無配当に転落した背景や4月からの電気料金値上げについて説明した。
 質疑は原発に関するものが中心。中部電は今年2月に浜岡4号機の再稼働を申請した。会社側は「原子力を引き続き重要な電源として活用することが不可欠」と改めて強調したが、一部株主は「原発に絶対の安全はない。止めれば多額の安全対策費用が必要なくなる」などと主張した。「浜岡原発を再稼働させ、経営改善や復配を目指すべきだ」とする株主意見もあった。
 総会終了後、水野明久社長は記者会見で、「総会では配当や電力自由化など経営課題の質問も頂いた。国の電力システム改革が進み、経営環境が大きく変化するなか、お客様の真の利益を考えて行きたい」と話した。
 一方で、今後注力していく経営課題については、浜岡原発の安全性向上▽電力の安定供給▽経営効率化▽電力の小売り前面自由化に向けた対応−−−を挙げ、グループ一丸となって取り組む姿勢を示した。(森有正)

 

【中日新聞 経済面 20140627】

ch20140627-1

【朝日新聞 20140627】

a20140627-1

 

 

 

広告

株主総会おつかれさまでした

総会当日6月26日(木)の新聞各紙の夕刊とテレビニュース報道

【朝日新聞(夕刊)20140626】

ay20140626

【毎日新聞(夕)20140626】

「浜岡原発は廃炉に」の横断幕も写してもらいました。

my20140626-2

大手電力9社:株主総会 会場周辺「再稼働反対」 株主にも賛否
毎日新聞 2014年06月26日 中部夕刊
http://mainichi.jp/area/news/20140626ddh041020003000c.html
 
 沖縄電力を除く大手電力9社の株主総会が一斉に開かれた26日、各会場周辺
には脱原発を求める人たちが大勢詰めかけ、「安全な原発はない」などと会場入
りする株主に訴えた。一方、近づく原発再稼働を巡って株主からは「早く実現
を」「株主の利益にならない」と賛否両方の声が聞かれた。【森有正、和田憲
二、山田奈緒】
 
 中部電力の株主総会が行われた名古屋市東区の会場近くでは、市民グループが
「脱原発」の横断幕を掲げた。個人株主の名古屋市瑞穂区の主婦(52)は「中
部電はもともと原発比率が低い。原発に頼らず、クリーンな電気を供給すること
をアピールすれば、地元の理解も広がる」と話し、浜岡原発(静岡県御前崎
市)4号機の再稼働反対を訴えた。
 
 一方、同市西区の主婦(83)は「電気代が上がったのはつらいが、子どもた
ちの将来も考えると安全も大切。株主としては配当も出してほしいし、答えは出
ない」と複雑な表情。愛知県小牧市の自営業男性(78)は「すぐ再稼働すべき
だ。赤字が続いているし、国の富も燃料代で流出している」と話した。
(後略)

my20140626-1

電力株主総会:全9社で脱原発提案
 北海道電、再値上げ検討 中電、「浜岡廃止」否決
毎日新聞 2014年06月26日 中部夕刊
http://mainichi.jp/area/news/20140626ddh001040002000c.html
 
 (中略)
 
◇「浜岡廃止」否決−−中電 
 浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止が続く中部電力の総会では、三田敏雄会長
が3期連続の赤字となったことについて陳謝し、「グループ一丸となって経営諸
課題に取り組み、業績改善に努める」と話した。株主からは「浜岡原発廃止」や
「事故時の住民の被ばく回避対策」を求める提案が出されたが、両案とも否決さ
れた。【森有正】

 

【日経新聞(夕刊)20140626】

ny20140626

【中日新聞(夕刊)20140626(1)】

chy20140626-1

 

【中日新聞(夕刊)20140626(2)】

chy20140626

【毎日新聞(夕刊)20140626(2)】

ay20140626-2

 テレビニュース

【NHK名古屋放送局 06月26日 19時17分】

浜岡原発再稼働に反対相次ぐ
http://www.nhk.or.jp/lnews/nagoya/3005074911.html?t=1403793998439
 
中部電力の株主総会が開かれ、水野社長は、原子力を重要な電源として活用する
ことが不可欠だとして、静岡県の浜岡原子力発電所の運転再開を目指す方針に理
解を求めました。これに対して株主からは再稼働に反対する意見が相次いで出さ
れました。
中部電力の株主総会は、会場の外で脱原発を訴えるデモが行われるなか、名古屋
市で開催され、この15年で最も少ない1292人の株主が出席しました。
冒頭で水野明久社長は「資源の乏しい日本で、将来に渡って安定的にエネルギー
を確保していくには、安全の確保と地域の信頼を最優先に、原子力を重要な電源
として、活用することが不可欠だ」と述べて、浜岡原発の運転再開を目指す方針
に理解を求めました。
このあと行われた質疑は、浜岡原発の再稼働を巡る議論に集中し、株主からは
「原発事故が発生したら中部地方に人が住めなくなる」とか「周辺の自治体や住
民が反対しているのになぜ運転再開しようとするのか」など反対意見が相次ぎま
した。ただ、一部の株主から出された、浜岡原発を廃止することや、原発の事故
に備えた自治体の防災対策の費用を中部電力が負担するといった提案は、いずれ
も反対多数で否決され、総会は去年より短い3時間14分で終了しました。
株主総会で一部の株主から出され反対多数で否決された浜岡原発を廃止するとい
う提案について、中部電力の株式を保有する静岡市と静岡県牧之原市はいずれも
賛否を示さず「白票」で回答しました。
中部電力の株式454万株余りを保有する静岡市は、「電力の安定供給や 原発
の存在の是非など考える課題が多く単純に廃炉といえる時期にはない」として
「白票」で回答したということです。
また1100株余りを持つ静岡県牧之原市は「市としては原発の永久停止を求め
ているが廃炉にするかどうかは最終的には国が決めることであり市に権限はな
い」として「白票」にしたということです。
総会のあとの記者会見で中部電力の水野明久社長は「経営環境が大きく変化して
いる状況なので、株主や顧客に改めて丁寧に説明することが大切と感じた。浜岡
原子力発電所の安全対策工事と平行しながら地元にも丁寧に説明を繰り返し行う
など、色々な取り組みを積み重ねる時期と考えている」と述べていました。
 
 

【NHK静岡放送局 06月26日 23時27分】

中部電力株主総会 
http://www.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3035438251.html?t=1403794217398
 
26日中部電力の株主総会が開かれ、水野社長は原子力を重要な電源として活用
することが不可欠だとして静岡県の浜岡原子力発電所の運転再開を目指す方針に
理解を求めました。
これに対して株主からは再稼働に反対する意見が相次いで出されました。
中部電力の株主総会は会場の外で脱原発を訴えるデモが行われる中名古屋市で開
催され、この15年で最も少ない1292人の株主が出席しました。
 
冒頭で水野明久社長は「資源の乏しい日本で将来に渡って安定的にエネルギーを
確保していくには安全の確保と地域の信頼を最優先に、原子力を重要な電源とし
て活用することが不可欠だ」と述べて浜岡原発の運転再開を目指す方針に理解を
求めました。
 
この後行われた質疑は浜岡原発の再稼働を巡る議論に集中し、株主からは「原発
事故が発生したら中部地方に人が住めなくなる」とか「周辺の自治体や住民が反
対しているのになぜ運転再開しようとするのか」など反対意見が相次ぎました。
 
ただ、一部の株主から出された
▼浜岡原発を廃止することや
▼原発の事故に備えた自治体の防災対策の費用を中部電力が負担するといった提
案はいずれも反対多数で否決され、総会は去年より短い3時間14分で終了しま
した。
 
一方、中部電力の株式を保有する静岡市と静岡県牧之原市は
株主総会で一部の株主から出され浜岡原発を廃止するという提案についていずれも賛否を示さず「白票」で回答しました。
中部電力の株式454万株あまりを保有する静岡市は、「電力の安定供給や原発
の存在の是非など考える課題が多く単純に廃炉といえる時期にはない」として
「白票」で回答したということです。
また1100株あまりを持つ静岡県牧之原市は「市としては原発の永久停止を求
めているが廃炉にするかどうかは最終的には国が決めることであり、市に権限は
ない」として「白票」したということです。

 

【中京テレビニュース更新時間:2014-06-26 17:44】

中電株主総会 原発再稼働への理解求める 
http://www.ctv.co.jp/newsctv/index_loc.html?id=177849
 
 中部電力の株主総会が26日、名古屋市東区で開かれた。
 株主総会には、福島県の原発事故が発生した2011年に過去最多となった株
主の半分以下の1292人が出席。総会では、一部の株主から静岡県御前崎市の
浜岡原発の廃止など7つの提案が出されたが、全て反対多数で否決された。
 浜岡原発の再稼働を目指している中部電力の水野明久社長は、国が示した新し
い規制基準への対応だけでなく、自主的に安全性を高める取り組みを進めている
として、再稼働への理解を求めた。
 中部電力の株主は「中部電力から原発ゼロをするべきだと思うが、そういうと
ころは全然みられなかった」「浜岡原発の危険性に触れずに終わってしまい、残
念な結果でした」と話していた。
 

【CBCニュース 更新時間:2014年6月26日(木) 18時02分】

中部電力株主総会
http://hicbc.com/news/detail.asp?cl=c&id=00039F48
 
 中部電力の株主総会が26日、名古屋で開かれました。
 株主からは会社が再稼働を目指す浜岡原子力発電所に関する質問が相次ぎました。
 
 「経営のことを考えると稼働してほしい」(男性株主)
 
 「原発をとめてほしい」(女性株主)
 
 名古屋市内で開かれた中部電力の株主総会には去年より150人ほど少ないお
よそ1300人が出席しました。
 中部電力の水野明久社長は「安定的にエネルギーを確保していくためには原子
力を重要な電源として活用することが不可欠」と述べ、浜岡原発の再稼働に改め
て理解を求めました。 
 株主との質疑応答では安全対策や原発を維持する費用など浜岡原発に質問が集中。
 これに対し、会社側は「国の基準だけでなく自主的な安全対策も継続して取り
組む」などと回答しました。
 また、株主から出された浜岡原発の廃止などを求める7件の提案はいずれも否
決され、総会は去年より10分ほど短い3時間14分で終わりました。
 「再稼働できれば黒字になるから世界一安全な原発ができればいい方向にいく
のかなと」(男性株主)
 「(総会は)よかった。真剣になっていろんな意見がでた。」(男性株主)
 
 

 

東海テレビニュース

中部電力株主総会浜岡原発に質問相次ぐ 06/26(木) 21:12更新

http://www.tokai-tv.com/news/fnn-tokai/ondemand/20140626/index.html#17432

 

3期連続の赤字決算となった中部電力の株主総会が26日に開かれ株主からは浜

岡原発についての質問が相次いだ。26日に行われた中部電力の株主総会では冒

頭に三田会長が3期連続の赤字決算について陳謝した。また、再稼働のメドが

立っていない浜岡原発については「極めて厳しい状況が継続した」と説明し、水

野明久社長が「安全性をより一層高める」と再稼働への意欲を強調した。株主か

らも浜岡原発に関する質問が集中し、一部からは浜岡原発の廃止を求める提案も

されたが、否決されている。

 

【名古屋テレビニュース 更新時間:2014年06月26日 12:27】

中部電力株主総会 浜岡原発再掲への理解求める
http://www.nagoyatv.com/news/?id=80323&p=1
 
中部電力の株主総会が名古屋市内で開かれ、水野社長は停止中の浜岡原発につい
て運転再開を前提に安全対策を進めていくと強調しました。
 
中部電力の株主総会は、会場の前で原発に反対する市民団体が横断幕を掲げるな
ど物々しい雰囲気の中、始まりました。株主総会で水野社長は「電力の安定供給
のため浜岡原発の再稼働は必要」と強調し、地震や津波の対策を実施していくこ
とに理解を求めました。株主からは浜岡原発の廃止を求める議案など7つの議案
が提出され、審議が行われています。

 

 

 

脱原発中電株主といっしょにやろう会

今年(2014年)の株主総会のご案内

第90期(2013年4月1日~2014年3月31日)

 

と き:2014年6月26日(木) 午前10時から

ところ:「東桜(ひがしざくら)会館」
・・・・・(地下鉄「高岳駅」又は「新栄駅」より徒歩5分)

 

<リンク>

中部電力株式会社 株主総会情報
第90期定時株主総会召集通知

 

★脱原発株主のみなさまへ★

朝9時ごろより会場前でいつもどおりアピールを行いますので、ご都合のつく方は

ご参集くださいますようお願いします。