Skip to content

株主提案の手続き

<はじめに>

株主の権利:

100株(=1個)以上の株式を6ヶ月以上保有する株主に対しては、株主総会の議案に対する議決権(投票権)が与えられます。
議決権数は、保有する株式の個数(100株につき1個)となります。
300個(3万株以上)の議決権があれば、株主総会に議案を提出することができます。(株主提案権)
この300個は、一個人・一法人で持っている必要はありません。「委任状」を得て、複数の株主共同でこの株主提案権を行使することができます。

私たち「脱原発!中電株主といっしょにやろう会」も、株主提案の内容に賛同をいただいた複数の株主から委任状等必要書類を預かり、共同で議案を提案しています。

<株主提案をするための手続き>

株主提案権を行使するためには、まず提案資格のある株主であることを証明しなければなりません。

株券の電子化により、個人や法人の保有する株式は、新しく設立された証券保管振替機構(ほふり)が管理することになりました。そのため、株主であることを証明してもらうために、ここから「個別株主通知」というものを株式発行した会社(電力会社)に通知してもらう必要があります。その手続きの方法をご説明します。

 

 

手続きの流れ

広告